トラック買取価格を高くするためのお手入れ

トラック買取価格を高くするためのお手入れ

トラックシートの扱い方

トラックは仕事で使用することから、
使い方によっては普通乗用車よりもかなりダメージが早く進行してしまいます。

 

特にトラックで長距離運転をする機会が多くなると、
トラックの劣化が早く進むのです。

 

現在所有しているトラックですが、いずれ買い替えや不要になったなどの理由で
中古トラックとして買取してもらうことが出てくるかもしれません。

 

その時に高値で中古トラックとして買取してもらうためにも、
日ごろからトラックのお手入れには気を付けておきましょう。

 

トラックに乗るときですが、シートカバーを取り付けることをおすすめします。

 

トラックは油や泥汚れ付着したまま運転する方も多くみられますが、
それがそのままシートに吸収されてしまうとシミや汚れ、
悪臭、カビの発生原因となります。

 

また長距離を運転するトラックの場合、
トラックの中で食事をする機会も多々出てくるでしょう。

 

そうするとシートに油汚れが付着してしまい、
同様にシミや悪臭の原因になるのです。

 

シートは剥がして洗濯することができません。
もしも洗濯したい場合は専門の業者にもっていくしかありません。
そうなるとコストも高くついてしまいますので、シートカバーをつけておくのです。
こうすればシートに直接汚れがつくのを防ぐことができます。

 

シートが汚れたらはがしてそのまま洗濯できますので、
常にシートを清潔に保つことができます。

 

シートカバーを付けたからといって安心ではありません。
シートカバーを通り越してシートに汚れがつくこともあるので、
時にはシートカバーをはずしてトラックのドアを開けて
通気性をよくしてカビの発生を防ぎましょう。
トラックの売却を検討されているのであればトラック流通センターへ!

トラックシートの掃除方法

トラックのシートは使っていれば汚れてしまいます。
汚れが染みついたトラックに乗るのは決して良い気分はしません。

 

特に会社で使用するトラックなら、
ドライバーは一人ではなく複数の人が交代で使用することもありますので、
皆さんが気持ちよく運転できるようにシートはできる限り清潔に保つように努めておきましょう。

 

またシートをきれいに保っておくと、
中古トラックとして買取してもらうときも買取査定額を高くしてもらうことができます。
 
シートに直接シミや汚れ、汗が吸収されないように
シートカバーをつけるのも大変有効な策ですが、
それを付けたからといってシートが全く汚れないわけではありません。

 

シートカバーを通り越してシートに汚れや汗が吸収されてしまうこともあるため、
時々は掃除が必要になります。

 

掃除の方法ですが、まずシートの内部に吸収されているホコリをだしましょう。
そんな時便利なのが布団たたきです。
トラックのドアを開けて布団叩きでシートをたたくと、シートの中のホコリが出てきます。

 

出てきたホコリを掃除機で吸い取るとさらに効果的です。

 

シートカバーをつけていても汚れが染みついていることがありますし、
中古で購入したトラックの場合は購入前からシミがついてしまっています。

 

それを落とす、目立たなくするためには洗剤をしみ込ませた雑巾で拭きとることです。
家庭用の洗剤で構わないので
それをぬるま湯で薄めてタオルに浸みこませて、しっかりと絞ります。
それで汚れの部分をたたきながら落とします。
落としにくい汚れは歯ブラシなどを使ってたたくと、よく落ちることがあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ